昨今、日本の最大貿易相手国である中国との関係が顕著な回復傾向にある中、さらに今年、中国政府は「粤港澳大湾区発展計画綱要」を発表し、広東・香港・マカオ大湾区という世界最大級の都市圏発展計画を打ち出しました。

このような背景から、粤港澳大湾区で中心的な存在となる深圳市は日本との経済貿易交流の強化を図るために、深圳市政府の提案と支持を受け、かねてより団体設立の準備を鋭意進めおりましたが、お陰さまで日本と深圳市をはじめとする中国全土の経済交流と文化交流のプラットフォームとして、日本深圳総商会を設立する運びとなりました。

これも皆様のご支援とご協力の賜物と心より感謝する次第です。かかるうえは、皆様のご期待に添えますよう日々精進する所存でございますので、なにとぞ倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願申し上げます。